自分と赤ちゃんの体のため

特に葉酸が大切

男女

赤ちゃんはお腹の中にいるあいだ、胎盤を通じてお母さんからもらう栄養だけで成長していきます。お母さんの食べたものは赤ちゃんの栄養にもなりますから、食事には特に気を使いたいものです。妊婦が特に注意して取らなければいけないのが葉酸です。野菜や果物に多く含まれているビタミンで、特に妊娠初期には食事に加えて栄養補助食品での摂取が推奨されています。これは、葉酸が赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすことが分かってきたためです。妊婦向けの葉酸サプリも販売されていて人気があります。ほかにも、貧血にならないためには鉄分が大切です。また骨を丈夫にして、将来の骨粗しょう症のリスクを低下させるためにはカルシウムやマグネシウムが、赤ちゃんの体を作るためにはたんぱく質が必要になってきます。

バランスのよい食事

妊婦がとるべき栄養は多いですが、食事のカロリーにも気を付けなくてはいけません。例えばタンパク質が多い肉類ですが、必要以上に食べてしまうと、今度は体重増加や妊娠高血圧症候群が心配です。お米などの主食を中心に、野菜を多くして栄養価が高くバランスの良い食事を心がけましょう。以前は赤ちゃんのアレルギー予防のために妊婦はアレルギー性のある食品を避けた方がよいと言われていましたが、現在はそうするとかえって児のアレルギーが増えるともわれています。ひとつの食品に偏った食事をせず、まんべんなくいろいろなものを食べるように心がけましょう。そうすることで、妊婦が摂りすぎを心配される、ビタミンAや一部の魚に含まれる水銀などの摂取しすぎも予防されるでしょう。