不妊の原因は男女半々

症状や原因はさまざま

医者

ひと昔前までは不妊症の原因は女性にあると考えられてきましたが、現在は男女ともに半々の確率で原因があり、男女ともに原因があることも少なくありません。男性に原因がある場合、男性不妊と言われ治療を行うことも可能です。男性不妊の症状にはいくつかあり、精子の数が少なくなっている精子減少症、精子が全くいない無精子症、精子に受精能力がない精子死骸症、精子の数が異常に多く固まったりしている精子過剰症があります。このような症状になってしまう原因にはホルモンの異常や、病気による影響、アルコールや喫煙による影響、ストレスによる影響など様々です。また精子が通ってくる尿道の広さも影響しており、あまりに狭いと通って来れないこともあります。男性不妊は様々な理由からなり得ると言えるでしょう。

治療で改善できる

男性不妊の治療は、睾丸や精巣に病気がある場合は治療を行うことから始まります。病気がない場合は、アルコールや喫煙の生活習慣を改めることから始まり、精子を元気にする生活を心がけることが大切です。また、勃起不全による不妊の場合は薬が処方されます。精子の数が少なく、高齢になってきている場合は人工授精が行われます。射精した精子の中から元気な精子を選び、女性の卵子と受精させその後女性の体の中に戻します。現在ではとても精子の数が少なくても、顕微鏡で確認し採取することが可能になってきています。費用はかかりますが、男性不妊で悩む方にとってはとても嬉しいことです。また何も問題がなくても、不妊治療のプレッシャーでうまくいかないこともあります。性行為の時は不妊治療から離れ夫婦で楽しむことも大切です。