不妊の原因は男女半々

医者

不妊症の原因は女性にあると考えられてきましたが、現在では男女ともに半々の確率で原因があるとされています。男性に原因がある場合は男性不妊と言われ、治療を行うことが出来ます。顕微鏡で精子を確実に採取し人工授精を行うことは現在では可能になってきています。

詳細を確認する...

妊娠へ導く治療

自然妊娠以外の妊娠法

男女

結婚して子供を生んで幸せな家庭を築きたいと漠然と夢を描いている人も少なくありませんが、子供は欲しいと思ってもタイミングよくできるとは限りません。妊娠が成立するには排卵日に受精しなければならないのですが、女性の排卵日は一周期のうちに一日しかありません。排卵日に狙ったとしても受精はしても着床せずに妊娠成立に至らないことも多いのです。二年以上妊娠しない時には不妊治療を受けたほうが良いかもしれません。病院で受ける不妊治療には色々な種類があります。一般不妊治療と呼ばれるものや高度不妊治療と呼ばれる高額な治療法まで様々です。自然妊娠出来ない場合は人工的に妊娠させるという方法もあるので不妊治療によって妊娠率は上がります。

治療の必要性

どのタイミングで不妊治療を開始するのか悩むこともあるでしょう。一般的に年齢が高くなると妊娠しにくくなると言われています。30代半ばになると急激に卵子の質が低下すると言われています。35歳以上の方で妊娠を望むならば早めに不妊治療を開始したほうが良いかもしれません。病院によって治療の進め方は異なります。身体に負担が掛からない治療から始めることがほとんどなのですが、年齢が上がればゆっくり不妊治療を行っている余裕はありません。初めから高度不妊治療を行うこともあるでしょう。不妊専門の病院で治療を受けるのが基本ですが、病院との相性もありますから、治療方針が合わないと感じたら転院も考えて良いかもしれません。